コンタクト

メールアドレス:
居住地: Japan
誕生日: 1985年 7月 8日

1行紹介

1枚の旗とともに日本横断(縦断)中!

自己紹介文

はじめまして、エコ活動家さわ、22歳です。
地球環境をみんなで考えましょうと活動している者です。「for Earth = for us」→ "結局自分達がした事は自分達に返ってくる"をテーマに九州から北海道までを自転車で横断(正確には縦断)して日本各地で一枚の旗に環境問題についてのメッセージを書いてもらっています。目指すは夏の北海道洞爺湖で開かれる洞爺湖サミット。環境問題(地球温暖化)が主要テーマとなって先進国の首脳たちが集まります。そこでさわは約半年かけてみなさんに書いてもらった環境メッセージの旗をかかげ、各国の首脳にこれだけの人が考えているという事をアピールしたいというのが目標であり、そのみんなの想いが各国の首脳に伝わるというのが2008年の夢です。
現実、世界各地で温暖化による異常気象など被害がでており、資源の少ない日本は経済的にも影響を受け、更に京都議定書での約束が難しくなってきました。今を生きる僕達は近未来の子供達に
「何でもっと地球の事を考えなっかったのか、そのせいで地球は汚れ、生活も苦しいではないか」
そう言われてもおかしくない立場とそのような状況にあるのです。だからこそ日本人として、そして地球人として一人一人が環境について考え、早急に温暖化防止に取り組んでいかなくてはなりません。そして、失ってしまいそうな自然との共生を求めることでまた自然からもらう豊かな心を持ち、近未来の子供達が地球にある自然を見てきれいと思える地球であり続けてほしいです。そういった意味で洞爺湖サミットは日本の環境意識を高め、そして世界が環境を考えるチャンスなのです。つまりは自分たちの未来を守ることにもつながります。
小池百合子元環境大臣、アルピニスト・野口健さん、ノーベル平和賞受賞者ワンガリ・マータイさんからもメッセージを頂き、サミットまでできるだけみんなのメッセージを集めて日本の環境意識を少しでも高めるきっかけになればと思っています。